2児の父親が実際に自分のこどもに七田式、こどもちゃれんじ、モンテッソーリ、くもん、英語教材などの幼児教育教材を試して分かった、かかる費用や内容、育児(子育て)をして分かったことなどをありのままにお伝えする育児サイト(ブログ)です。

城崎マリンワールド~天橋立~神戸どうぶつ王国⇒2泊3日の家族旅行


公開日:   最終更新日:

2018年10月3日(水)、岡山から城崎温泉に1泊、神戸に1泊、2泊3日で私、妻、2歳11か月、8ヶ月の子供を連れて家族旅行に行ってきました!

当初は名古屋のレゴランドに行こうか?と妻と話し合っていたんですが、0歳8ヶ月の次男はもちろん、2歳11か月の長男も楽しめるかな?と考え、長男もレゴではほとんど遊ばないし、もう少し大きくなったほうが楽しめると思ったので、レゴランドは来年以降にしました!

もちろんUSJ、ディズニーにも連れて行ってあげたいと思っていますが、年齢、身長制限で遊べるアトラクションも限られてくると思うし、人が多かったり待ち時間が長いと小さい子供も疲れると思うので、長男が小学校に入学した7歳以降(次男が5歳~)に行こうかと考えています。

年に1回?の家族旅行

予算次第ですが・・・、できるだけ年に1回は泊まりの旅行に行きたいと思っており、2016年9月(長男1歳11か月の時)には神戸市立王子動物園に行って神戸ベイシェラトンホテル&タワーズに一泊しました。

2017年9月(長男1歳11か月の時+次男は妻のお腹の中)は大阪のEXPOCITY(エキスポシティ)内にあるオービィ大阪(2018年9月末で閉館⇒マルミエプラザに)ニフレルに行って、オービィ大阪入り口付近でしていたガラガラ抽選で当たったチケットで観覧車に無料で乗れました(^_^)。

そしてリーガロイヤルホテル大阪で一泊し(部屋を無料アップグレードしてもらいました)、海遊館を見て回り、観光クルーズ(サンタマリア号)に乗って、ミナミで少し買い物をして帰りました。

今年2018年は次男(0歳8ヶ月)がいることもあり長時間移動は厳しいので、岡山から車、または新幹線で3時間以内で行ける所ということで、私も妻も行ったことがない兵庫県の城崎温泉(きのさきおんせん)に行くことにしました!

城崎温泉一泊だけだと物足りない?と思い、どうせならと、神戸にも一泊することにしました。

今回、ホテルを予約する際に利用したのは楽天トラベルで、ちょうど宿泊予定10月3日の3週間前ほどに楽天スーパーセールが開催中で、ホテルのオフィシャルサイト、他のホテル予約サイト(Trip.com(楽天rebates経由でポイント2%還元)Booking.comなど)と価格を比較しましたが、楽天スーパーセール限定プラン、割引クーポンなども使えたので楽天トラベルが最もお得に予約できたと思います。

ちなみにホテルによってはオフィシャルサイトからの予約はベストレート保障などもありますが、たとえ料金が同じでも楽天トラベルで予約したほうが楽天ポイントが貯まるので今回は楽天トラベルで予約しました。

今回宿泊したのは大江戸温泉物語城崎温泉きのさきホテルピエナ神戸で、城崎マリンワールド天橋立ビューランド神戸どうぶつ王国などに行ってきました!

城崎マリンワールド:2018年10月3日(水)


城崎マリンワールド(兵庫県豊岡市瀬戸1090)

岡山の家を8時30分ごろに出発し、車で岡山IC⇒和田山IC⇒道の駅ようか但馬蔵まで約2時間、10時半ごろに到着しました。

道の駅ようか但馬蔵はそれほど大きな道の駅ではありませんでしたが足湯があったので少し休憩し、道を挟んだところにファミマがあったので、おにぎり、ドリンクを購入して城崎マリンワールドへ向けて出発し、道の駅ようか但馬蔵からは延々と北上して1時間ほど、昼の12時ごろに城崎マリンワールドに到着しました!

道の駅ようか但馬蔵で休憩30分ほどを入れても約3時間半(約200km)で到着しました。

ちなみに岡山IC⇒和田山ICまでの高速料金はETC料金で3,760円でした。

城崎マリンワールドの入園料金と駐車場料金
年齢 入園料金
~3歳未満 無料
3歳以上~の幼児 620円
小学生/中学生 1,230円
高校生以上(大人) 2,470円
駐車場代 700円/1日

2018年10月現在、城崎マリンワールド園内でのクレジットカード、電子マネー(楽天edy等)利用はできないので入園料金は現金払いのみです。またコンビニなどの前売り券(割引券)なども発売していませんでした。。

ちなみに城崎マリンワールドに隣接しているホテル金波桜に宿泊すると城崎マリンワールドの入園料金が約半額になるようです(大人:1,200円、小学生/中学生:600円、3歳以上の幼児:300円)。

スポンサーリンク

わが家の子どもは2歳11か月と8ヶ月の子供でギリギリ無料だったので「2,470円(大人)×2=4,940円+700円(駐車場代)=5,640円」でした(子どもの年齢確認証などの提示は求められませんでした)。

正直、城崎マリンワールドは期待していませんでしたが・・・、海の生物のアトラクション&ショーが多くあり、また日本海が目の前にあるので開放感があるというか、個人的にはかなり良かったです!

全てのアトラクション&ショーを見ることはできませんでしたが、「イルカ&アシカショー(25分)、ペンギンの散歩(7分)、セイウチのランチタイム(7分)、トドのダイビング(7分)」を見て、平日で混んでいなかったのでゆっくり水族館内の魚を見ることができました。

個人的にはペンギンの散歩が目の前で見れて可愛かったのでかなりオススメです(^_^)。

日本海が目の前にあるので真冬だとかなり寒そうですが、海の生物を間近で見られて、多くのアトラクション&ショーも見ることができるし、竜宮城の建物も見れるので小さい子どもはかなり楽しめると思いました。

城崎温泉(大江戸温泉物語きのさき):2018年10月3日(水)~10月4日(木)


大江戸温泉物語 城崎温泉 きのさき(兵庫県豊岡市城崎町桃島 豊岡市城崎町桃島1232)

城崎マリンワールドで3時間ほど遊んで、城崎マリンワールドから車で10分ほどで宿泊する大江戸温泉物語城崎温泉きのさきに到着しました!

同じ大江戸温泉物語グループのホテルレオマの森(香川県丸亀市)は値段の割には朝食、夕食バイキングが種類も多く豪華な感じで、当然ですが温泉にも入れるので、リーズナブルに泊まれて岡山からも近いので何度も行ったことがありました(宿泊者が多いのでチェックイン時、バイキング時は待ち時間がありますが)。

そこで城崎温泉でも大江戸温泉物語があることが分かったので、迷わず大江戸温泉物語城崎温泉きのさきを予約しました。

もちろん城崎温泉なので旅館等は多いですが、小さい子どもがいて、ご飯のことを考えてもバイキングであれば好き嫌いが激しく少食の2歳11か月の長男でも何か食べるだろうと思ったのも大江戸温泉にした理由の1つでした。

気になる宿泊料金ですが、大人×2人、3歳未満×2人で、3歳未満(食事・寝具不要)は無料で(3歳未満のバイキングの食事も無料)、朝食バイキング、夕食バイキング込で特室2という部屋で(リニューアル和室15畳/バルコニー付/風呂あり/禁煙)18,600円(税込)でした!

大江戸温泉物語城崎温泉きのさきは、部屋に風呂があるタイプとないタイプがあり、今回部屋にお風呂が付いている特室2という通常は大人2人で3万円近くする部屋でしたが、楽天トラベルから予約したので、楽天スーパーセール+3千円引きクーポンを利用できたので安く宿泊することができました(^_^)。

宿泊料金とは別に入浴税、入湯税がかかりました。

・入浴税:大人220円/小学生110円

・入湯税:大人150円

温泉代が計740円だったので宿泊費合計⇒19,340円。駐車場代は無料でした。

また大江戸温泉物語城崎温泉きのさきは「得旅キャンペーン早期予約でポイント10倍保証対象」だったので1,800ポイントほど楽天ポイントが貯まりました(^_^)。

ホテルレオマの森はチェックイン時も混雑していて並ぶことが多いのですが、大江戸温泉物語城崎温泉きのさきは特に混雑もなく、待つことなくチェックインできました。

そしてお部屋(特室2)ですが、いつリニューアルしたのかは分かりませんが、お風呂、トイレなどがキレイで、部屋も15畳なので広く、もうすぐ3歳になる長男も「すごいねー、ひろいねー」と大喜びで走り回っていました(^_^)。

3時半くらいにチェックインし1時間ほど部屋で休憩してから城崎温泉街に行ってみました。

ホテルから無料の循環バスが30分間隔で出ているのですが、地図を見たら歩けそうだったので、時間もあったので歩いて城崎温泉街に行きました。

籠、下駄、浴衣は無料で借りれて、湯めぐりパスも1人1つ貰えるので外湯めぐりも出来ますが、今回は小さい子どもが2人いたので足湯めぐりにしました。

4時半くらいからホテルを出発し、途中2つの足湯に浸かり、お土産屋さんなどで少し買い物をして、城崎温泉街の一番端?の鴻の湯に到着し、ここから無料の循環バスが出ているのでバスに乗ってホテルに戻りました。

平日だったためか?城崎温泉街はのんびりした感じで海外の人も多かったです。

6時過ぎにホテルに戻り、お腹もすいたので早速夕食バイキングへ行きました!

バイキング会場に行くと夕食時だったため10分ほど待ってから席に案内されました。

料理はサラダ、ステーキ、お寿司、お刺身、天ぷらなど一通り食べて、3回ほどお代わりをしに行きました(^^;)。

好き嫌いが激しく少食な2歳11か月の長男も、エビ、サツマイモの天ぷら、ししゃもフライ、パイナップル、ライチなど、普段以上にたくさん食べていました。

翌朝の朝食バイキングは8時半くらいから行きましたが待つことなく席に案内され、サラダ、パン、ソーセージ、ベーコン、卵料理などを2回お代わりし、夕食バイキングで美味しかったカレーもあったのでカレーも食べて、軽くフルーツを食べました。

長男も納豆、パン、フルーツを食べてお腹いっぱいになったようでした(この後大惨事になるのですが・・・)。

ホテルレオマの森よりもホテルの規模は1/2~1/3くらいで、バイキングは季節によって料理が変わるので一概には言えませんが、朝食、夕食バイキングもホテルレオマの森のほうが種類が多い気がします。

あと温泉の大きさ、種類もホテルレオマの森のほうが大きく種類が多かったですが、逆に空いていたのでのんびり温泉に入れたし、温泉は朝と夜で入れ替え制でシャンプー、リンス、ボディーソープも数種類あって選べるので良かったです(夜と朝2回入りました♪)。

ちなみにもうすぐ3歳になる長男も温泉デビューで初めて大きなお風呂に入りましたが、やはり大きなお風呂で開放感があるので楽しかったようで、温泉の温度が41℃くらいなのでそれほど熱くなかったので30分ほど温泉に入っていました。

あと無料wifiはフロント付近でしか使用できず部屋で利用できなかったのがチョット残念でしたが、バイキング、部屋の広さ(キレイさ)、温泉など、宿泊料金を考えれば大満足でした!

天橋立:2018年10月4日(木)


天橋立ビューランド(京都府宮津市字文珠)

大江戸温泉物語城崎温泉きのさきを朝10時ごろにチェックアウトし、日本三景の天橋立(ビューランド)に向かいました!

大江戸温泉物語城崎温泉きのさき⇒天橋立ビューランドは車で1時間ほどで、途中クネクネした山道を行くので運転も気を使いましたが、長男はDVDを見ながら静かにしていたのでスグに着くなと思っていたんです。

しかしここで事件は起こりました。。静かにしていた2歳11か月の長男がいきなり「ゴホッ、ゲゲゲ・・・」と言って吐いてしまったんです。。

長男の服、チャイルドシート、2列目の座席シートなどがゲロまみれになってしまったので、急遽、近くにあった銀行に車を停めさせてもらい、長男を車から降ろして服を着替えさせて、おしりふき、タオルを総動員してチャイルドシート、車の2列目シートを拭き取りました。

幸い、すぐに車を停車させることができたのでシートなどにしみこむ前に拭き取れたので良かったですが、小さい子どもと旅行に行くと何が起こるか分からないので、オムツ、おしりふき、着替え、タオル、ゴミ袋などは余裕を持っていくべきだなと痛感しました(^^;)。

長男はというと、吐いてスッキリしたのか機嫌も悪くなく、自分でも何が起こったのか分からないような感じでした。

やはり3歳くらいだとまだ気持ち悪いということを伝えることができないので、親がもっと注意深く子供のことを気にかけてあげなければならないなと思いました。

長男のゲロの影響で30分ほど天橋立に着くのが遅くなりましたが、長男の体調も大丈夫そうだったので予定通り天橋立を観光することにしました。

天橋立はビューランド側と傘松公園側から見ることができ、傘松公園からは龍が天に向かって真っすぐ昇っているように見えて(昇龍観)、ビューランド側からは天から龍が舞い降りるように見えるので(飛竜観)、どっちがいいか悩んだんですが、ビューランド側からのほうが迫力があり、小さい遊園地、公園もあるみたいだったので私たちはビューランドから見ることにしました。

ちなみに車はもちろん、レンタサイクル、観光船を利用すればどちら側からも天橋立を見ることができるので時間がある方はどちら側からも見てもいいかもしれません。

あと天橋立ビューランド専用の駐車場はなく、近隣にいくつか駐車場があるので、車を利用する場合はこれらの駐車場を利用するしかなく、駐車場代は500~700円ほどで、私達は600円(5時間)の駐車場に停めて、そこで天橋立ビューランドのリフト/モノレール50円引きの割引券をもらいました(天橋立ビューランドの目の前のいくつかの個人宅などは500円で貸していました)。

リフト/モノレール、観光船、レンタサイクルの割引券は天橋立ビューランド特別割引券からもゲット可能で、コンビニなどで前売り券(割引券)も販売しているし、近隣のお土産屋さん、食事処にも置いているようです。

天橋立ビューランド リフト/モノレール往復共通券の正規料金は以下の通りです。

天橋立ビューランドのリフト(モノレール)料金
年齢 入園料金
~小学生未満 大人1人につき1人無料
小学生 450円
中学生以上(大人) 850円
駐車場代(近隣の駐車場) 500~700円

私たちはリフト/モノレール往復共通券が1人50円引きになったので「800円(大人)×2=1,600円+600円(駐車場代)=2,200円」でした。

ベビーカーは持っていけなかったので下のベビーカー置き場において、登りはモノレールを利用し7分で山頂(飛竜観展望)に到着しました。この日は曇り空でしたが、股のぞき台から気持ちよく天橋立を見渡すことができました。

また小さい遊園地もあり、長男がゴーカートに乗りたいといったので私と長男2人でゴーカートに乗り(2人で500円だったかな?)、カフェで妻はアイスコーヒー、私はピンクグレープフルーツソーダを購入して少し休憩しました。

天橋立は日本海側で山頂に行くので少し寒いと思ったのですが、10月上旬にもかかわらずちょっと暑かったです(特にモノレール内はエアコンも扇風機もないので暑かったです)。

チョット休憩した後は飛竜観回廊などを歩いて、下りはリフト(6分)を利用しました。私が2歳11か月の長男を、妻が8ヶ月の次男を抱っこしてリフトに乗りましたが気持ちよかったです!個人的にはモノレールよりも断然リフトをオススメします!

下に降りてきてから少しお腹が空いたので、あまのはしだて駅の近くにあった松和物産(しょうわぶっさん)という、お土産屋と食事処が一緒になっているお店で昼食を取ることにしました。

妻は海鮮丼(1,500円+税)、私はあさりそば(800円+税)を注文し、長男はソフトクリーム(300円)を食べました。美味しかったです♪

昼食後はまだ時間もあったので周辺を少し散策し、結局11時半~15時半まで約4時間ほど天橋立で観光し神戸に向かいました!

ホテルピエナ神戸2018年10月4日(木)~10月5日(金)


ホテルピエナ神戸(兵庫県神戸市中央区二宮町4-20-5)

15時半ごろに天橋立を出発しホテルピエナ神戸に向かいました。

途中8ヶ月の次男がチャイルドシートに乗せられて延々と泣いていたのでPAで休憩を入れたり、私が道を少し間違って(ナビが分かりづらかったんだよなー)多少のロスはありましたが17時半くらいにホテルピエナ神戸に到着しました!

この日は雨予報だったので高速に乗っているときは雨が降っていましたが神戸に着くとやんでいたので良かったです。

ホテルピエナ神戸は18時以降のチェックインというわけありプランだったのですが、17時半でも問題なくチェックインすることができ、部屋で1時間ほど休憩することにしました。

今回泊まったのはピエナスイートという部屋で、部屋も広く、ホテルに温泉(大浴場)はありませんでしたが部屋のお風呂はジャグジーバスで広く、アメニティ(シャンプー/トリートメント/ボディソープ)もBULGALIのものだったり、冷蔵庫の中のドリンク(コーラ/ジンジャエール/お茶/ウーロン茶/ペリエ/ミネラルウォーター×各2本)も無料で、当然無料wifiもありました。またウェルカムケーキも1つだけ用意されていました(^_^)。

そんなホテルピエナ神戸ですが意外とリーズナブルに泊まれたんですよ!

今回楽天トラベルの18時以降チェックインの訳ありプランでしたが、「お日にち限定のウルトラスペシャルプライス!至福のスイートルーム(ピエナスイート/禁煙)に無料アップグレード朝食ビュッフェ付」というプランで、大人2人(3歳未満の子供は無料)の朝食バイキング込(夕食なし)で19,300円+2,500円(駐車場代)=21,800円!

ちなみに2年前に神戸に一泊した時は神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ(シェラトンフロアのプレミアムツイン)に宿泊し、神戸六甲温泉付きで朝食、夕食バイキング付きのプランで32,600円だったので、ホテルピエナ神戸はかなりお得感がありました(神戸ベイシェラトンの温泉はかなり良かったです♪)。

今回、夕食はついていなかったのでホテルピエナ神戸から三ノ宮駅までは歩いて10分ほどだったので近隣で何か食べようと思い、神戸なら洋食かな?と思い、妻が探してくれたグリル一平 三宮店で夕食を取ることにしました。

グリル一平は三ノ宮駅から歩いて2~3分の場所にあり、電話で確認したところ小さい子ども連れでもOKでした。

6時半ごろに店に行きましたがお店はすでに満席に近い状態で、私達は待つことなく席に案内されましたが、私たちの後からもお客さんがどんどん来店していて人気店なんだなと思いました。

私たちはハンバーグステーキ(ライス・サラダ付で1,700円+税)、ビーフカツレツ(ライス・サラダ付で1,300円+税)、エビフライ3本(1,200円+税)、オレンジジュース(300円+税)、ライムチューハイ(500円+税)を頼みちょうど税込みで5,000円でした。

2歳11か月の長男もハンバーグが美味しかったのか1人で半分以上食べて、大きいエビフライも半分程食べて満足したようでした(^_^)。

ちなみに支払方法は現金払いのみで、クレジットカード、電子マネーは使えませんでした。

夕食を食べた後は三ノ宮駅周辺を少しブラブラしてホテルに戻り、大きいお風呂で私は長男と一緒にジャグジーで疲れを取りました。妻もベッドがかなりお気に入りだったようで、「もっと寝ていたかった」と言ってました(^^;)。

翌朝、この日は台風25号が接近していたので天気が気になっていましたが、多少風は強かったですが雨は降っていなかったので良かったです。

そして7時過ぎに全員起床し、身支度を整えて8時くらいに朝食ビュッフェに向かいました!ちなみにビュッフェ会場のレストランパトリー(ホテルの2階)に電話すれば混雑状況を教えてくれて、混雑している場合は部屋で待っていれば席が空き次第、電話で教えてくれるシステムでした。

ホテルピエナ神戸に宿泊した理由はただ1つ、トリップアドバイザーの「行ってよかった!朝食のおいしいホテルランキング」において、2013年から2017年まで5年連続1位に選ばれているからでした(^_^)。

日本一の朝食ですが、食事系のメニュー自体は少ないですが、オシャレな感じであまり食べたことがないような料理もあり、パン、ジャムはかなり美味しく、特にクロワッサンが美味しかったです(^_^)。

そしてケーキも当然食べ放題なのですが、このケーキ食べ放題だけでも食べる価値があるほどおいしかったです!このケーキ食べ放題が「行って良かった朝食の美味しいホテルランキング5年連続1位」に選ばれている大きな理由だと思いました。

また料理の写真を撮っている人が多かったのも印象的でした。

美味しい朝食でお腹が満たされ、部屋に戻って身支度を整えて10時過ぎにチェックアウトしました。

このあと神戸どうぶつ王国に行く予定で、フロントで神戸どうぶつ王国の前売り券(大人1人150円引き)が販売されていたので購入して神戸どうぶつ王国に向かいました!

神戸動物王国:2018年10月5日(金)


神戸どうぶつ王国(兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9)

10時30分くらいにホテルピエナを出発し、20分ほどで神戸どうぶつ王国に到着予定でしたが、やはり三宮、神戸は大きい街なので道が分かりづらく、ナビ有でも何度も道を間違えて結局30分ほどで神戸どうぶつ王国に到着しました(^^;)。

神戸どうぶつ王国の入園料金は以下の通りです。

神戸どうぶつ王国の入園料金
年齢 入園料金
~3歳未満 無料
4歳・5歳 300円
小学生 1,000円
中学生以上(大人) 1,800円
シルバー(満65歳以上) 1,300円
駐車場代 500円

私たちはホテルピエナで前売りチケットを買っていたので、「1,800円⇒1,650円(150円引き)×2+500円(駐車場代)=3,800円」でした。

子どもの年齢確認証の提示は求められませんでしたが、シルバーの場合は年齢確認証が必要なようです。

ちなみに「神戸どうぶつ王国 割引」などと検索すればは100円引きクーポンを取得できるサイトがいくつかあり、ローソンなどのコンビニでも前売り券(100円引き)が販売されているので、大きな割引ではありませんが神戸どうぶつ王国に行く際は利用したいですね。

さて神戸どうぶつ王国ですが、小動物、鳥が中心の動物園で、エサやりができたり、イベント(動物のショー)も多く、小さい子ども連れだと1日ですべて見て回るのは難しいくらいです。

2歳11か月の長男もいくつかイベントを見たり、色々な動物を見ることができたので楽しそうでした。

なぜかアルパカが気に入ったようで、エサやりができる他の動物に「エサあげる?」と聞いても「しない!」と言ったのに、アルパカだけは「エサあげる!」と言ってエサやりをしました(^_^)。

また長男は動物のフィギアをいくつも持っており、アルパカのフィギアはまだ持っていなかったので園内のお土産屋さんでアルパカのフィギアを買ってあげようと思いましたが、アルパカのフィギアがなかったので、仕方なくラクダのフィギア(約1,000円)で妥協していました(^^;)。


ふれあいフィッシュ(300円)


アルパカのエサやり(エサ代100円)

神戸どうぶつ王国には11時から13時半まで約2時間半滞在し、岡山に帰ることにしました。

長男は疲れたのか車(チャイルドシート)に乗ったらすぐに寝てくれたのですが、8ヶ月の次男はチャイルドシートに乗せらて延々と泣いており・・・、途中、休憩をはさみながら岡山に着いたのが17時半くらいで、スーパーで軽く買い物をし、焼肉をチャチャっと食べて家に着いたのが18時半くらいでした。

また2日目、3日目は雨予報でしたが、ほとんど雨は降らず、予定通り、城崎マリンワールド、天橋立、神戸どうぶつ王国に行けたし、とにかく2泊3日、無事に帰って来れて良かったです(^_^)。

2泊3日旅行で使ったお金総額はいくら?

8ヶ月の次男はもちろん、2歳11か月の長男も時間の経過とともに旅行に行った記憶なんてなくなると思いますが、写真などを見れば行った事が分かるし、旅行に行って普段とは違う経験をすることって子供にとっていい刺激になると思うので、小さい子ども連れの旅行は凄く疲れますが(^^;)、これからも時間とお金が許す限り子どもを旅行に連れて行ってあげようと思います。

ちなみに今回の旅行でバイキング(ビュッフェ)など結構、食べたので体重、体脂肪ともに増えているかな?と思いましたが、体重、体脂肪とも減少していました。ダイエットしたい方は小さい子ども連れで旅行に行くことをオススメします(^^;)。

2泊3日、城崎温泉、神戸旅行でかかった費用
/ 用途 料金(税込)
ホテル代 城崎温泉きのさき 19,340円
ホテルピエナ神戸 21,800円
高速代 8,630円
ガソリン代 約570km分(約40L) 約6千円
城崎マリンワールド 入園料金+駐車場代 5,640円
天橋立 モノレール/リフト+駐車場代 2,200円
神戸どうぶつ王国 入園料金+駐車場代 3,800円
食費 3日分 約2万円
お土産等 約3千円
90,410円

結構使ったかなー?と思っていましたが、計算すると10万円も使ってませんでした。

まだ子供が小さいので旅行に行く場所も限られますが、また次に行く旅行先を考えようと思います!

スポンサーリンク
サイト内検索
おすすめ幼児教育教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

英語教材はじめるなら?

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

アーカイブ