2児の父親が実際に自分のこどもに七田式、こどもちゃれんじ、モンテッソーリ、くもん、英語教材などの幼児教育教材を試して分かった、かかる費用や内容、育児(子育て)をして分かったことなどをありのままにお伝えする育児サイト(ブログ)です。

こどもちゃれんじEnglishぽけっと1月号が届きました!


公開日:

3歳の子供の初英語教材として入会した、こどもちゃれんじEnglishぽけっと(2~3歳向けコース)1月号(入会から4回目)が2019年1月8日(火)にゆうメールで配達されました(ポストに入らず玄関まで持ってきてくれました)!

こどもちゃれんじEnglish(ぽけっと)1月号の教材

My Sweets Shop!(マイスイーツショップ)

こどもちゃれんじEnglish(ぽけっと)1月号のメイン教材がMy Sweets Shop!で、しまじろうの英語タブレット(タブレット型玩具)と合体させて遊ぶことができます。

○ガチャガチャ

donut(ドーナツ)、cake(ケーキ)、cookie(クッキー)、juice(ジュース)、water(水)のコイン(おやつピース)を入れてガチャガチャとして遊ぶことができます。

もちろん、しまじろうの英語タブレットと連動しているので音声英語で「イッツ、ウォーラー」などと教えてくれます。

最近3歳長男はショッピングモール、スーパーなどに行くたびにガチャガチャをしたがるので、このMy Sweets Shop!で満足してくれないかな?と淡い期待をしていましたが、やはりガチャガチャをしたいのはもちろん、中身のフィギュア、おもちゃが欲しいのでMy Sweets Shop!では満足しませんでした。。

それでもガチャガチャする度に英単語を勉強することができるので100枚ほどコインがあれば3歳長男もかなり英単語を覚えると思うけど、これからコインが増えていくのかな?

また以下の4曲の歌も収録されています。

・Seven Steps

・Hot Potatoes

・Shopping Song

・Going All Around

○えいごでおかいものちいくシート

えいごでおかいものちいくシートでは街、ドーナツ屋さんでお買い物ごっこができたり、コイン(おやつピース)をあかっち、あおっちなどに食べさせてあげたり、ビーピーと公園で遊んだりすることができ、当然、シートは英語で書かれているので、野菜、乗り物、動物、色、数字、挨拶などを遊びながら英語で勉強できます。

えいごおふろシート

えいごおふろシートではお風呂の壁にシートを貼って、英語で数字の勉強ができたり、色、食べ物、動物、乗り物の英単語の勉強(復習)ができます。

スポンサーリンク

DVD

こどもちゃれんじEnglish(ぽけっと)1月号のDVDはゲーム感覚で今まで習った英単語、フレーズの復習ができる内容ですが、DVDは基本的に全編、英語なので、3歳長男は何を言ってるかほとんど理解できないためか見ることを嫌がってほとんど見ません(^^;)

嫌がってるのに見せても仕方ないと思うので、他の教材で英語に触れさせて、自分から英語のDVDを見たいと言った時に見せようと思います。

こどもちゃれんじEnglishほっぷ体験版

次号3月号から、ぽけっと⇒ほっぷに変わるので、そのたいけんBOOKが入っていました。

こどもちゃれんじEnglish(ぽけっと)1月号の感想

こどもちゃれんじEnglish(ぽけっと)1月号はMy Sweets Shop!がメイン教材で、遊びながら英語と触れ合うことができるので3歳の子どもも特にガチャガチャを気に入って何度も遊んでいました(コインが5枚じゃ少ないよなー・・・)。

こどもちゃれんじEnglishのおかげかは分かりませんが、3歳長男も乗り物、食べ物、色くらいの英単語はかなり憶えてきており、このような英語教材、英語玩具で勉強したり遊ぶことは好きみたいですが、英語で会話しているDVDは理解できないため嫌いみたいです。。

また1月号から数字を英語で勉強する内容もありましたが、3歳長男はまだ日本語でも数字を覚えていないので、one、two、three・・・と言ってもピンとこない感じでした。

ただ英語に限らず覚えるためには繰り返し何度も何度も、そのことに触れることが大切なので、これからも楽しみながら英単語を毎日、子どもと一緒に発音したり、簡単なフレーズも日本語だけでなく英語で子どもに話しかけていこうと思います!

次号こどもちゃれんじEnglish3月号から、ぽけっと⇒ほっぷ(3~4歳向け)になり、大人気の英語玩具?トーキーボードがくるみたいなので楽しみですね(^_^)

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

スポンサーリンク
サイト内検索
おすすめ幼児教育教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

英語教材はじめるなら?

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

アーカイブ