2児の父親が実際に自分のこどもに七田式、こどもちゃれんじ、モンテッソーリ、くもん、英語教材などの幼児教育教材を試して分かった、かかる費用や内容、育児(子育て)をして分かったことなどをありのままにお伝えする育児サイト(ブログ)です。

子供2人(2歳10ヶ月・7ヶ月)を連れて岡山から姫路セントラルパークに行ってきました!


公開日:   最終更新日:

2歳10ヶ月の子どもが大きい動物園に行きたいと言っていたので、岡山から車で片道約100km、2時間もかからない姫路セントラルパーク(姫セン)に、私、妻、2歳10か月の長男、7ヶ月の次男4人で2018年8/27日(月)に行ってきました!

このページに記載しているチケット料金等は2018年8月現在の価格です。

姫路セントラルパークの場所・地図・住所


姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市豊富町神谷1434)

2歳10ヶ月の子供も新幹線に乗ってみたいと言ってたし、岡山駅から姫路駅までだったら新幹線に乗れば30分くらいなので新幹線で姫路セントラルパーク(姫セン)に行ってもいいかな?と思いましたが、現実的に考えて、小さい子ども2人を連れて荷物を持って、岡山駅(新幹線)⇒姫路駅⇒姫セン行のバスなどに乗ると大変だろーなーと思ったし、車のほうが料金的にも安いので車で岡山から姫路セントラルパークに行きました!

岡山から姫路まで車だったら高速でも2号線(バイパス)でも30分も時間が変わりませんが、高速のほうが運転が楽なので行きは2号線(バイパス)に乗って山陽自動車道の備前ICまで行って⇒山陽姫路東ICで降りて⇒高速を降りて10分もかからず姫路セントラルパークに到着しました!

朝8時30分に家を出て途中ローソンで昼食(ドリンク・おにぎり・サンドウィッチ・お菓子)などを買って、姫路セントラルパークに到着したのが約2時間後の10時半でした(山陽姫路東ICから姫センまではコンビニなど途中ないので注意しましょー)。

姫路セントラルパークのチケット料金・支払方法・駐車料金

姫路セントラルパーク(姫セン)の入園料金は以下の通りとなっています。

入園料金でサファリパーク、遊園地、プール、アイススケートに入ることができますが、サファリバス(1座席800円)、遊園地の乗り物に乗る際は別途有料チケットが必要となります。

姫路セントラルパークの入園料金
年齢 当日券のチケット料金
3歳未満 無料
3歳以上~小学生未満 1,200円
(障害者の方:600円)
小学生 2,000円
(障害者の方:1,000円)
大人(中学生以上) 3,500円
(障害者の方:1,750円)

障害者の方は、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳を販売窓口で提示すれば障害者の方+介護者の方(1人)が割引料金で入園できます。

姫路セントラルパークの駐車料金
車種 駐車料金
自動二輪(バイク) 200円/1日
自動車 1,000円/1日
バス 2,000円/1日

姫路セントラルパークに到着するとまずは駐車料金1,000円(現金払いのみ)を支払うゲートがあり、駐車料金支払いゲートを通過して少し進むとサファリパーク方面、遊園地(プール/スケート場)方面に道が分かれるので、私達はまずはサファリパークへ向かいました!

サファリパーク入場ゲートでチケットを購入しますが、わが家の子どもは2人とも3歳未満で無料だったので、大人2人分(3,500円×2=7,000円)で入園できました(クレジットカード払い可)。

念のため子供の保険証などを持っていきましたが、子供の健康保険証などの提示は求められず、年齢確認は自己申告のみでした。

またサファリパークの入園チケットがあれば当日中(再入場も可)、遊園地、プール、アイススケートへも入場することができるので、捨てたり、なくさないようにしましょー!

姫路セントラルパークのサファリパーク

ドライブスルーサファリはサファリバスに乗ったほうが見やすいし、子供も喜ぶと思ったのでサファリバスに乗ろうと思いましたが、サファリバスは30~40分に1本しか運行していないし、バス内は飲食も出来ないし、マイカーで回れば入園料金以外かからないので、マイカーでドライブスルーサファリを回ることにしました。

ちなみにサファリバスの料金は1座席800円で、2歳以下で大人の膝上に乗せる場合は無料です。


またサファリバス以外に、トラックに乗せられた檻かごに入ってサファリパーク(ドライブスルーサファリ)を回るサファリ・ザ・ライド(1人⇒2,500円)もあるので、ライオンなどをもっと間近で見たい人、経済的に余裕がある人にはおすすめです(120cm未満の子供は大人の付き添いがあっても乗れませんが)。

サファリパーク入場ゲートで渡された機械の音声案内を聞きながら、いきなり猛獣ゾーンからスタートで、まずはチーターゾーンでしたが、あれっ?チーターいた?残念ながらチーターを見逃してしまいました(いたかな・・・)。。



次にトラゾーンで、トラは確認できました!

次はライオンゾーンで、ライオンはオス、メス合わせて10頭ほどはいたと思います。サファリ・ザ・ライドの檻の上に乗っているライオンもいました。

スポンサーリンク



草食動物ゾーンで、シマウマ、オリックス、シタツンガ、ムフロン、ヌー、アメリカバイソン、ラマ、マーコールなどの草食動物がたくさんいました。



大型草食動物ゾーンではカバ、アフリカゾウ、シロサイ、ラクダなどを見ることができましたが、2歳10ヶ月の子供が楽しみにしていたカバは水の中にいたので背中が少し見えるだけでした。。





結局ドライブスルーサファリは30分ほどで回り、11時を過ぎていたので車内でローソンで買ったおにぎりなどを食べて、次はウォーキングサファリに行きました!

ウォーキングサファリに入るところで姫センのスタッフに写真を撮られ、少し先で撮った写真を買いませんか?と言われ、買わないつもりでしたがいい感じの写真だったので1,200円払って写真を購入しました(妻には高いからもったいないと怒られましたが・・・)。


そして写真を販売しているところからウォーキングサファリがスタートで、まずは大きなエゾヒグマが5頭くらいいて、200円でエゾヒグマのエサを買うことができたので購入し(自販機で購入)、2歳10ヶ月の子供も上からエサを投げてエゾヒグマにエサをあげていました。



エゾヒグマゾーンを過ぎると、カピパラ、ミーアキャット、エミュー、キツネザル、リスザル、カワウソ、ワラビー、ペンギン、鳥(クジャク・ペリカン・フラミンゴ・カモ)などのゾーンで、そのあとはホワイトライオン、ホワイトタイガー、チーターなどを見れて、最後にサバンナテラスのキリンで、まさにキリンの顔が目の前にいるので迫力十分です!




キリンのエサ(ニンジン・草)も200円で購入し、2歳10ヶ月の子供がキリンにエサをあげましたが、近いしエサをあげるときにキリンの長い舌でペロンと手も一緒に舐められたのが怖かったのか、1回あげただけで嫌がっていました(^^;)。




キリンを見た後はサバンナテラスの近くのエレファントカフェでソフトクリームを食べてちょっと休憩し、ロープウェイに乗って下に降りて、チャイルズファーム(犬・ブタ・アヒル・ヤギ・ヒツジなど)をちょっと見て回ってサファリパークは終了です!


2歳10ヶ月、7ヶ月(ベビーカー)2人小さい子どもがいたのでゆっくり回って、ドライブスルーサファリ(約30分)⇒昼食&おむつ替え等(車内で約30分)⇒ウォーキングサファリ(休憩含む約40分)⇒スカイサファリ(待ち時間入れて約10分)⇒チャイルズファーム(約10分)=計2時間ほどで姫路セントラルパークのサファリパークを見て回ることができました!

ここに掲載している以外にも色々な動物がいるので、詳細は姫路セントラルパーク(姫セン)で見れる動物一覧で確認してください!

ちなみにロープウェイは無料で乗っている時間は1分くらい?と短かったですが、この日は35度を超える猛暑日で、ロープウェイ内は冷房も当然きいていないので蒸し風呂状態でかなり暑かったです。。

とにかく暑くてTシャツはすでにビッショリで、早くプールに入りたかったです!

姫路セントラルパークのプール(アクエリア)

サファリパークを見て回った後、車で遊園地ゾーンに移動し(車で2~3分)、遊園地の第一駐車場は満車だったので第二駐車場に車を停め、水着や浮き輪、着替えなどを持って遊園地へ行きました!

第二駐車場から遊園地入場ゲートまでは歩いて5分以上かかり、遊園地入場ゲートでスタッフにサファリパークで買った入園チケットを見せて入園し、ここからプールまでまた5分くらい歩くので、第二駐車場⇒遊園地入場ゲート⇒プールまで10分以上はかかると思うので、暑い中荷物を持って10分以上歩くのは結構大変でした。。

そしてプール(アクエリア)に行って妻は7ヶ月の子供と女性用更衣室に、私は2歳10ヶ月の子供を連れて男性用更衣室に入りました。

更衣室に入るとコインロッカーがあり、そこそこ大きく何度も出し入れ自由なコインロッカーで、コインロッカー料金は最初に400円入れて最後に100円返金されるので300円でした。

そしていよいよプールサイドに行きました!

浮き輪用の空気入れもあるし、ベビーカーも持ち込み可能で、有料デッキを借りようと思いましたが喫煙エリアしか空いてなかったので諦めて、うろうろしていると運よく屋根下の日陰の場所が空いていたので、そこにレジャーシートを敷いて荷物を置いてゆっくりプールで遊ぶことができました。

ちなみに有料デッキは大きさによって2,000~7,000円/1日ほどで、見た感じそれほど多くないので借りるのはなかなか難しいかもしれませんが、1~2人用の小さなテントは持ち込み可能なのでプールサイドにはテントを張っている人が多かったです。

まだオムツが取れていない小さい幼児についてですが、姫センのプール(アクエリア)の場合、水遊び用オムツを履けばプールに入れるとの事だったので、事前に2人の子供のmoony水あそびパンツ(3枚入りで400円くらい)を購入しており、念のためその上から水着、ラッシュガードを着せてプールに入りました。


2歳10ヶ月の子どもにとっては初めてのプールだったので、最初は緊張気味でチョット嫌がっていましたが、足を入れて座れる浮き輪に乗せて私が浮き輪を押してあげると、ふわふわ、ゆらゆらしたのが楽しかったのか、最初はこわばっていた顔がみるみる笑顔に変わっていきました(^_^)。

7ヶ月の次男はまだ何もわからないので全く怖がることもなく、浮き輪に乗せてゆらゆらしていると寝てしまいました(^_^)。


プールにも慣れたのでウォータースライダーなども滑りたかったですが、スライダーによって100cm、110cm、130cm未満の子供は滑れなかったので、まだ100cmにもなっていない2歳10ヶ月の子供はスライダー系は諦めてパイレーツキッズアクエリアの小さい滑り台を何度も滑って遊びました。

正直、前日からプールには行きたくないようなことを言っていたし、水着やゴーグルを付けるのを嫌がっていたのでプールには入らないかもしれないなと思っていましたが、同じような年齢の子供たちが楽しそうにプールで遊んでいるのを見て自分もプールに入れると思ったのかもしれません(私がちょっと強引に浮き輪に入れてプールに入れたからかもしれませんが)。

予定ではプールは1時間くらいかな?と思っていましたが、子どもが楽しそうだったし、プール内の移動、着替えなども時間がかかるので2時間くらいかかってしまいました。

プールから出るときに「プール楽しかった?」と聞くと、「うん!またプールこよーねー!」と大満足だったようです(^_^)。

ちなみにシャワールームには10人分くらいのシャワーがありましたが、石鹸、シャンプー等は常備されていないので必要な方は持っていくことをオススメします。

姫路セントラルパークの遊園地

プールから出て着替え終わると16時半を過ぎていたし、子供も疲れていると思ったので遊園地の乗り物は諦めて帰ろうと思っていましたが、2歳10ヶ月の子供が乗り物にも乗りたいと言ったので、水着などの荷物を入場ゲート近くのコインロッカーに預けて、妻と7ヶ月の次男は休憩し、私と長男2人で少しだけ遊園地で遊ぶことにしました!

姫センの遊園地は観覧車、ディアブロ、フリーフォール、アイスパーク(冬季限定のスケート場)に行くには坂がありますが、登りだけ動く歩道(ラクーダ)を利用することができます。



入園料金は3歳未満は無料でしたが、遊園地の乗り物(アトラクション)も無料なのか?いまいち分かりづらかったし、どっちにしろ3歳未満の子供が遊べるアトラクションは限られているので、大人3,000円のアトラクションフリーパスは買わずに、その都度アトラクション近くにある販売所(自販機)でチケットを購入しました。

結局2歳10ヶ月の長男は以下の4つのアトラクションに乗りましたが全て無料、付き添いの大人分の料金だけで乗れました(3歳未満でも有料のアトラクションもあるのかな?)。

・いもりんす(300円:6歳以下は保護者の付き添いが必要⇒2歳10ヶ月の子供は無料だった)

・機関車レッツ(400円:3歳未満は保護者の付き添いが必要⇒2歳10ヶ月の子供は無料だった)

・パオパオ(300円:3歳未満は保護者の付き添いが必要⇒2歳10ヶ月の子供は無料だった)


・バンパーボート(500円:12歳以下は保護者の付き添いが必要⇒2歳10ヶ月の子供は無料だった)

3歳未満でも乗れるアトラクションは他にもアヒル艦隊、アルバトロスなどもありましたが、2歳10か月の長男はチョット臆病な性格なので怖がって乗りませんでした(^^;)。

またジェットコースター、ディアブロを見て目を丸くし、「○○(自分の名前)も大きくなったら乗れるの?」と聞いてきたので、「大きくなったら一緒に乗ろーねー!」と答えましたが、臆病なので大人になっても乗れるかな(^^;)。

結局4つのアトラクションに乗って子供は全て無料だったので1,500円でした。

姫路セントラルパークで使ったお金

姫センで使ったお金の総額は以下の通りです。

姫路セントラルパークで使ったお金総額
用途 料金
入園料金 大人3,500円×2=7,000円
乗り物チケット 1,500円
車の駐車料金 1,000円
チーターのフィギアなど 約2,000円
ソフトクリーム、ドリンク等 500円
コインロッカー×2 600円
総額 12,600円

岡山から姫路セントラルパークまでかかった交通費は以下の通りです。

岡山から姫センまでかかった交通費等
用途 料金
備前⇒山陽姫路東 ETC料金で1,460円
山陽姫路東⇒岡山 ETC料金で2,470円
ガソリン代 往復約220km分のガソリン代(10km/Lとして22L×145円として3,190円
総額 7,120円

その他、食事代(約5千円)+子供2人の水着代(ラッシュガード/水遊びパンツ約5千円)=約1万円かかったので、12,600円(姫セン)+7,120円(交通費)+約1万円(その他)=29,720円でした!

姫路セントラルパークの感想

夏休みとはいえ8月後半の平日ということもあったのか、サファリパーク、プール、遊園地、駐車場どれもそれほど混雑しているという感じはしませんでした。

ただ遊園地内にはコカ・コーラなどのドリンクの自販機がありましたが、プールが終わって何か買おうと思っても缶コーヒー以外ほとんど売り切れ状態でお茶やジュースが買えませんでした(午後だから売り切れてたのかな?)。

夏に姫路セントラルパークに行く場合、プールに入ったり外を歩くだけで想像以上に汗をかくので、荷物になるし重いですが保冷バック、クーラーボックスなどに余裕をも持ってドリンクを持っていくことをオススメします(遊園地内の自販機は値段が高いですしね)。

結局 プールで遊ぶ時間(&着替え等)が予想よりも長くなり、また小さい子どもを連れて移動すると歩くスピードも遅いし、疲れたら抱っこしなければならないし、オムツ交換、ミルクなどもあげなければならないので、17時までには姫路セントラルパークを出発する予定でしたが、姫路セントラルパークを出発したのは18時過ぎでした。

やはり小さい子どもを連れて遊園地、プールなどに行くと予想以上に時間がかかるので、余裕を持って行動したいですね。

18時過ぎに姫路セントラルパークを出発し、車に乗ったら子供2人もすぐに寝たので途中SAなどには寄らずに、姫セン⇒山陽姫路東IC⇒岡山ICまで行き、渋滞も一切なかったので19時半ごろに岡山ICを出ました。

夕食を何か食べて帰ろうと思い、岡山ICを降りてすぐのエブリイ津高店のフードパーク(2階)で、妻は中華そば全の醤油ラーメンセット、僕は讃岐うどんつるりんのぶっかけうどんを食べて、2歳10ヶ月の子供は疲れていたからか、何もいらないといったので、1階のスーパーで好物のブドウ(ピオーネ)、ジュースなどを買って帰宅しました。


エブリイOkanaka津高(岡山市北区横井上83-3)

家についたのが20時30分くらいで、朝8時30分に家を出発したので、約12時間の日帰り姫路セントラルパークでした!

この日は35℃を超える猛暑日でしたが(体感温度はもっと高かったです)、サファリパーク(ウォーキングサファリ)、遊園地内の移動の際に、7ヶ月の子供が乗るベビーカーには充電式の小型扇風機(楽天で1,500円で購入)を付けていたので少しは暑さを凌げたのではないかと思います。

2歳10か月の長男は「大きい動物園!」とサファリパークを一番楽しみにしていましたが、一番楽しかったのはプールだったようで、嫌がっていたプールにも入れて楽しそうだったし、色々な動物を間近で見ることができたし、遊園地の乗り物も乗れたので、いい刺激になったのではないかと思います。

子供も凄く疲れた様子で、親の2人もクタクタになりましたが(^^;)、とにかく無事に帰宅できてよかったです。

子供の年齢(身長)が高ければプールのスライダー系も滑れるし、遊園地のアトラクションも選択肢が増えるので、姫センは岡山から近いのでもう少し大きくなったらまた連れてこようと思います!

スポンサーリンク
サイト内検索
おすすめ幼児教育教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

英語教材はじめるなら?

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

アーカイブ