2児の父親が実際に自分のこどもに七田式、こどもちゃれんじ、モンテッソーリ、くもん、英語教材などの幼児教育教材を試して分かった、かかる費用や内容、育児(子育て)をして分かったことなどをありのままにお伝えする育児サイト(ブログ)です。

夏まつり西大寺2018夜待まつり(花火大会)に行ってきました!


公開日:   最終更新日:

2018年7月21日(土)、岡山市東区西大寺で行われた花火大会、夏まつり西大寺2018夜待まつりに2歳9ヶ月、6ヶ月の2人の子供を連れて行ってきました!


浴衣姿の子供2人

花火大会の前に縁日(屋台)に行ってきました!

花火は20時~で、夜侍まつりは17時~21時まで行われるとの事だったので、時間もあったので、夜侍まつりが行われる西大寺会陽(裸祭り)でも有名な西大寺観音院に行ってきました。

西大寺観音院(岡山市東区西大寺中3-8-8)

夜侍まつりは17時からでしたが、時間が遅くなればなるほど交通規制で混雑するだろうし、車の駐車場もなくなる(臨時駐車場⇒西大寺観音が遠くなる)と思ったので、17時前に西大寺観音院に車で到着し、運よく西大寺観音院から歩いて5分くらいの向州公園野球場付近に車を停めることができました。

西大寺観音院付近の駐車場と言えば、西大寺公民館、向州公園野球場、西大寺武道館くらいしかなく、花火大会や西大寺会陽(裸祭り)の時はこのあたりの駐車場はすぐに埋まり、そうなると西大寺観音院から歩いて20分~くらいの臨時駐車場に停めるしかなくなるので、小さい子どもがいる場合、混雑のなか、そして暑いなか往復1時間も歩くと親も子供も大変だと思うので、車で行かれる方は早めに行って、サッと帰ることをオススメします。

私たちも17時前に西大寺観音院に到着しましたが、この日は最高気温が35度を超える猛暑日で、夕方になっても余裕で30℃を超えていたので、子ども、特に6ヶ月の次男にとっては厳しいと思い、縁日(屋台)を一周し、2歳9か月の長男にアイスクリームを、私達はイカ焼きを買って、30分も滞在せず西大寺観音院をあとにしました。




縁日(屋台)が並んでいます


アイスを手に入れて喜ぶ長男

ちなみに、金魚すくい、ヨーヨーすくい、スーパーボールすくいなど、小さい子どもが好きそうな縁日もいくつかありましたが、2歳9か月の長男は人の多さなどもあったのか?「やってみる?」と聞いても「しない!」と言って何もしませんでした(^^;)。

ただ縁日などは小さい子どもにとっては良い刺激になると思うので、もう少し大きくなったらまた連れてきてあげたいと思っています。

西大寺花火大会

西大寺花火大会は吉井川第一緑地多目的グラウンド(野球場)付近から花火が打ち上げられるのですが、今回この吉井川第一緑地多目的グラウンド(野球場)近くに住んでいる知人の家から花火が見れるということでお邪魔しました。


花火の打ち上げ場所(吉井川第一緑地多目的グラウンド付近)

2歳9か月の長男は昨年2017年に、おかやま桃太郎まつり(第44回納涼花火大会)に行ったのですが、やはり大混雑だったし、大混雑のなか2歳にもなっていない子供が歩くことは危険なので常に私が抱っこしており、妻も妊娠中だったのでかなり大変な思いをしたので、今年はさらに6ヶ月の子供がいるので花火大会に行くのは諦めていました。

しかし家の中から花火を見れるということで、2歳9か月の長男も「ハナビ♪ハナビ♪」と楽しみにしていました(^_^)。

さすがに6ヶ月の子どもは花火なんてわからないと思うし、花火の打ち上げ場所がかなり近かったので花火のドン!ドン!という音で泣き出すかもしれないと思い、少し見せただけで後は1階の部屋で休んでいました(1階で窓を閉めていても花火の音はかなり響いていましたが泣くことはありませんでした)。

西大寺花火大会に来たのは初めてで、打ち上げ花火の数も約1000発と聞いていたので正直あまり期待していませんでしたが、間近で花火が見られたこともあってか予想以上に良かったです(^_^)。2歳9か月の長男も「はなびすごかったー!」と大満足でした(^_^)。

小さい子どもがいると花火大会に行くのは大変ですが、今回のように家の中から花火を見ることができるのであれば、混雑の人混みの中に行かなくてもいいし、暑いなか場所取りする必要もないし、トイレもいつでも行けるし、涼しいし、蚊にさされる心配も少ないので最高ですね(ビールでも飲みながら見れればさらに最高なんですが・・・)。



2階の部屋から見える花火

西大寺花火大会から岡山方面へ車で帰る場合のおすすめ帰宅ルート

西大寺花火大会は20時~20時30分までで、花火が20時30分に終わると、西大寺周辺(特に夜侍まつりが行われる西大寺観音院周辺と花火打ち上げ場所周辺)は徐々に交通規制が解除されていきますが、帰宅する車で渋滞が予想されます。

ですので交通規制、渋滞に巻き込まれたくない方、特に岡山市内方面へ車で帰宅する方は、西大寺からバイパス2号線へ直接入る道路は渋滞が予想されるので、少し遠回りになりますが岡山ブルーライン(バイパス2号線に繋がっています)の西大寺インターチェンジから岡山方面へ帰ることをオススメします。

岡山ブルーライン(バイパス2号線に繋がっています)の西大寺インターチェンジ

私たちも花火が終わってすぐに知人宅をあとにし、花火打ち上げ会場付近から岡山ブルーライン西大寺インターチェンジに入って岡山方面へ帰宅しましたが、岡山ブルーラインまでは交通規制も渋滞もなく、岡山ブルーライン⇒バイパス2号線⇒岡山市内までほぼ渋滞なしで帰ることができました。

スポンサーリンク

土曜の夜ということを考えればバイパス2号線(岡山市内方面行き)は確かに交通量が多かったですが、途中、渋滞で止まることは一切ありませんでした(^_^)。

スポンサーリンク
サイト内検索
おすすめ幼児教育教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

英語教材はじめるなら?

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

アーカイブ