2児の父親が実際に自分のこどもに七田式、こどもちゃれんじ、モンテッソーリ、くもん、英語教材などの幼児教育教材を試して分かった、かかる費用や内容、育児(子育て)をして分かったことなどをありのままにお伝えする育児サイト(ブログ)です。

次男の3~4ヶ月健診に行ってきました!


公開日:   最終更新日:

2018年5月中旬に生後ほぼ4ヶ月の赤ちゃん(次男)の3~4ヶ月健診に行ってきました!

1ヶ月健診は次男が産まれた大学病院で受けたのですが、1ヶ月健診で特に問題なかったので次回以降の健診は他の病院(小児科)で受けてくださいと言われ・・・、どこがいいかな?と探していたら、家からも車で10分くらいで行けて、アレルギー科もあるニコニコこどもクリニックで受けることにしました。

問屋町(といやちょう)・北長瀬駅周辺は注目のエリア

ニコニコこどもクリニックは岡山市北区辰巳(問屋町)にある小児科病院で、2018年5月上旬に移転してまだ1ヶ月も経っていなかったので建物、病院内、駐車場全てがキレイで、駐車場も広かったです(20台分駐車できるようです)。

この問屋町は北長瀬駅(岡山駅から山陽本線で1つ目の駅)から歩いて20分ほどの場所で、マンションが多いのでファミリー向けのお店はもちろん、オシャレなお店やカフェ、飲食店が多く、また2019年10月にはオレンジホール跡地に問屋町テラスとい住宅展示場と店舗の複合施設もオープン予定となっています。

また2019年3月には北長瀬駅前にスーパー、専門店、飲食店などが入ったブランチ北長瀬という複合商業施設もオープン予定なので、問屋町、北長瀬駅周辺は岡山市の中でも注目のエリアです。


岡山市北区辰巳7-102

同じ敷地内に歯医者と薬局もあります

ニコニコこどもクリニックと同じ敷地内にはおかもと歯科と、みのり薬局がありました。




ニコニコこどもクリニックでの3~4ヶ月健診

今回3~4ヶ月健診でニコニコこどもクリニックを選んだ理由は、生後約4ヶ月の子供の湿疹(乳児湿疹というよりもアトピー性皮膚炎ぽい感じの湿疹)がなかなか治らなかったので、アレルギー科がある小児科で子供の湿疹を診てほしかったからです。

そして午後2時に健診の予約を入れていて、2時ちょうどくらいに行ったら13~14時半は検診・予防接種のみの診療時間だったので、他に1人の子供と母親しかおらず、ほとんど待たずに診察を受けることができました。

今回、健診をしていただいたのは女性の先生で、まずは約4ヶ月の子供の服をすべて脱がされ(オムツのみの状態)、体重と身長を測ってもらいました。

そのあとは足や手の動き、首の据わり具合を診ていました。

次男の3~4ヶ月健診の結果

まず4ヶ月の次男の体重は産まれた時が3398g⇒4625g(1ヶ月健診)⇒6580g(4ヶ月健診)と推移しており、身長は産まれた時が53cm⇒57.7cm(1ヶ月健診)⇒63.5cm(4ヶ月健診)と、身長、体重ともに乳児身体発育曲線の標準の枠に入って順調に成長していました(^_^)。




ちなみに4ヶ月の次男は母乳7:粉ミルク3の割合で育てていますが、長男は最初母乳があまり出なかったこともあり、母乳5:粉ミルク5くらいの割合だったので、粉ミルクのほうがカロリーが高いためか、長男のほうが産まれた時の体重(長男は3090g)は少なかったですが、同時期で比べれば長男のほうが体重が少し重かったと思います。

また手足の動きも問題なく、首はまだ完全には据わっていませんが、あと少しのようです!

アレルギー科の先生に診てもらいました

3~4ヶ月健診では特に異常が見当たらず順調に成長しているようでホッとしました(´o`)。

そして湿疹が気になったので、次はアレルギー科の男性の先生に診てもらいました。

この3~4ヶ月健診の約2週間前に秋山皮膚科で湿疹を診てもらい、そこでいわれた治療、お風呂時に石鹸は原則使用しない+最弱のステロイドをひどい部分にだけ塗る+あとはプロペト、亜鉛を症状別に使い分けるケアを2週間ほど続けましたが一向に良くならず、4ヶ月の子供のお肌もボロボロ状態で・・・、顔(ほっぺと耳周辺)はジュクジュクして汁が出ており、頭、首回り、背中、腕、足と、ほぼ全身に湿疹が出ていて、痒そうでかわいそうだったんです(´△`)。。

アレルギー科の先生は、「ここまでひどくなっている場合はしっかり治さないと離乳食が始まったら食物アレルギーがでることもあるので、ステロイドでしっかり治しましょう」と言われました。


個人的にはステロイドは将来的にどのような悪影響、副作用があるか分からないので使いたくないのですが・・・、赤ちゃんの症状を見れば仕方ないのかなと思い、アレルギー科の先生の言う治療を行うことにしました。

またお風呂については、石鹸を使わなければ汚れや雑菌(黄色ブドウ球菌?)は取れないので、石鹸をよく泡立てて泡で洗うように優しく洗い、とにかくすすぎ残しがないようにしっかりとすすぎをしてくださいと言われました。

わが家のアレルギー事情

わが家のアレルギーは以下のような感じです。

スポンサーリンク

・私(父親)⇒魚の食物アレルギーはあるがアトピー性皮膚炎、花粉症はない。

・妻⇒アレルギー性鼻炎があり、アトピー性皮膚炎、花粉症はない(~2歳くらいまではアトピーっぽい湿疹があったようです)。

・2歳半の長男⇒卵アレルギー(乳児湿疹は6ヶ月でほぼ完治)。

次男の湿疹の治療方針

今回処方されたのはロコイド軟膏(50g)と白色ワセリンのプロペト(50g)を混ぜた塗薬と(ステロイドは5段階くらいに分類されロコイドは下から2番目の強さ「普通ランク」)、頭用のリドメックスローション(普通ランク)のお薬です。

そして看護師さんから塗り方について丁寧に説明を受けました。



①しっかり塗る

どうしても塗薬って薄く延ばして塗りがちですが、それでは効果が少ないらしく、指にとって子供の肌に優しくなじませる、お肌に塗薬を乗せる感じで、お肌がベトベト、テカテカになるくらいタップリ塗薬を塗ってくださいと言われました。

また塗る際にすりこむように塗るとそれが摩擦となり皮膚に負担となって逆効果になることもあるので、とにかく薄く延ばしたりすりこまずに、たっぷり塗薬を塗ってくださいと言われました。

②お風呂上り5分以内が勝負

これは湿疹が出ているあかちゃんの事だけではありませんが、お風呂上りは当然、お肌が乾燥しており、お風呂上り後5分以内に保湿をしたり塗薬を塗ることが一番効果が高いようです。

③1日2回塗る

夜お風呂上り5分以内と朝、計1日2回塗ることで効果が最大限得られるようです。

④良くなったからと言って勝手に辞めない

特にステロイドは長期間使用したくないので、チョット良くなったら塗るのをやめる人が多いみたいですが、表面的には良くなったように見えてもお肌の奥のほうはまだ湿疹が残っていることがあるので、自己判断で塗るのをやめないでくださいと言われました。

この塗り方を1週間してみて、症状の経過を見たいから1週間後にまた来てくださいと言われました。

こどもの3~4ヶ月健診の費用と必要な物

最後に子供の3~4ヶ月健診で必要な物と費用についてですが、まず必要は物は健康保険証、親子手帳、受診用つづり(親子手帳別冊)、お薬手帳(なくてもOK)で、健診時に裸になるので脱がせやすい服装で、赤ちゃんは頻繁にオムツ交換をすると思うのでオムツ、おしりふきも当然ですが必要で、時間がかかる場合もあるのでミルク、おもちゃもあれば良いと思います。

また3~4ヶ月健診の費用は受診用つづり(親子手帳別冊)があれば健診代、お薬ともに無料ですが、今回、同じ敷地内の、みのり薬局で薬をもらう際に容器代30円だけ自費でした(^^;)。

追記

ロコイド軟膏(50g)と白色ワセリンのプロペト(50g)を混ぜた塗薬と頭用のリドメックスローションを塗って1週間後、はたして生後4ヶ月の子供の湿疹はどのようになったのでしょうか?

ステロイド治療を行った1週間後

スポンサーリンク
サイト内検索
おすすめ幼児教育教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

英語教材はじめるなら?

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

アーカイブ